凸日記
のんびりとした田舎暮らしを綴る私的な日記です。お友達のみに公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濡縁の制作 ~基礎編~
南側の物干し台に置いておいた2坪ほどの濡縁が6年経って腐ってきたので作り直すことにした。
田園地帯なので湿気も多く、濡縁の高さも地面からほとんどない状態だったので木材が腐ってしまった。

天板は腐るのを前提にしているのだけど、
基礎をまた作り直すのは面倒なので、構造材は鋼管にして高さも450mm程度に。
基礎を鋼管にすると、足の数を極端に減らせるので部品数や工程がかなり減るのがGoodです。
梅雨で猛烈な湿気の中、アークが全く安定しない溶接だったが薄板じゃなく下向きでできる溶接は楽チンですね。
ペンキ塗りが一番時間がかかった・・・。

写真は仮組みの状態。筋違の鋼管を入れれば基礎は完成。水勾配は1%にした。
筋違を入れてないのに既にかなりの強度があります。
あとは根太張って、天板を打つだけ。
家にあった材料を再利用しているので買ったのはピンコロと鋼管ぐらい。費用は4000円もかからず。

景色も良くなく日差しが直接当たる南側なのでこの濡縁でくつろぐことはほとんど考えられず、物干しベランダとしか活躍できない運命の濡縁なのだが、あったらあったでなにかしら便利に使うだろうと思う。

IMG_20140629_180301.jpg
完成の画。
6尺×12尺のサイズに留めました。
実際には物干しポールがこれより50cmほど高く延長してます。
意外と和風の家とも違和感なく。
子供が気に入っており、よくここで遊ぶようになりました。
少し高さがあるので蚊も避けられるみたい。
IMG_20140705_163259.jpg
コメント
Re: 完成図
完成図を追記しておきました。


>雨ざらしの十数年ものの椅子をペンキ塗りしてみました。

いいですね。
木材はスカスカになる前に手を入れると
息を吹き返してより良いものになりますよね。
最近、朽ちた感じの木工に凝ってます。
和風建築に合わないところが難ありなのですが。
[2014/08/05 15:57] URL | 凸 #- [ 編集 ]


日曜大工でこんなこともやってしまうんですか~
完成してお洗濯もの干してる様子、見たいですね。

私もうちにあった雨ざらしの十数年ものの椅子を
totsugekiさんを見習ってペンキ塗りしてみました。
生き返りました(^^)v
[2014/07/08 15:10] URL | sakusaku #0HMKsla6 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://totsugekisurf.blog60.fc2.com/tb.php/1090-0d3cca83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

凸

Author:凸
テレマーカー&ロングボーダー夫婦。
雑踏を避け、湘南鵠沼から千葉外房へ移り住んできました。
のんびりとした田舎暮らしを楽しんでおります。
プロフィールの写真は富士山スキーの雲海。

本ブログは面識のあるお友達にしか公開しておりません。
閲覧するにはパスワードが必要です。
たまにパスワードをかけ忘れている記事がありますが、ご了承ください。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。