凸日記
のんびりとした田舎暮らしを綴る私的な日記です。お友達のみに公開しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和49年の航空写真
今住んでいるところの昭和49(1973)年と昭和58年の航空写真が出てきた(笑)。

バブル期前で純粋に農家の人しか住人が居ない時代ですね。
現存しているいわゆる現代住宅が一切存在しないのがわかります。

写真から見ると、我が家の周りのいわゆる今風の家(玄関が引戸じゃない家 (;^_^A)はすべてバブル期(1986年)以降に建てられたことになる。
それらの大体の家は素人目で見てもそろそろヤバイんじゃないかしら・・という雰囲気だ。
そして今が丁度27年だ。
前の記事で家の寿命は27年と書いたけど、正直懐疑的であった。
我が家の周りの家も築40年ぐらいだろうと思っていたのだが、
航空写真によると「家の寿命は27年」というのがリアルに感じてしまう。
そして昭和49年以降にこの周辺に建てられた家は悲しい現実が待っている。

■昭和49年の航空写真
昭和49年度 航空写真

■昭和58年の航空写真
丁度バブル期の前だ。
昭和58年度 航空写真
スポンサーサイト
家の寿命は27年
今の日本の家の寿命は平均27年らしい。
http://www.komatsukoubou.com/tree/index.html

生活スタイルもかわり、なん世代も同じ家に住まなくなったのもあるだろう。
コスト重視で技能を必要としない、工期は短く安価な家が好まれる時代らしい。

しかし家を買う側はこれ程短い寿命のことを認識してないんじゃないかな。

うちは既に築40年。母屋と増築部分で構成されている。
母屋は棟梁が拘りをもって建てたもので一切手抜がないのを感じられる。
しかしトイレの増築部分は明らかに作者が違うのがわかる。いわゆるコスト重視の作り方だ。
建てる人の考え方でこれ程にも違うものなのかと笑ってしまうほど。
やはりそこだけガタが来る。永く使うことを想定してないのが感じ取れる異空間だ。
まあ、うちの場合トイレなのでどうでもいいんだけどね。

それより母屋を修復できる職人って、今存在するのだろうかと不安になる。


Android4.4.4 バッテリードレイン 対策
Android4.4.4にアップデートしたことによる、バッテリー消費問題。
[10%超/時間]の電力消費にたまげてチューニングしてみたのだが、
スリープ状態で[4%/時間]も電力を消費してしまう。
充電の電流値も明らかに少ない。
通話もインターネットもしていないのに100時間で電源が切れる計算になってしまう。メーカー公表値の1/3の性能だ。
日常用途でインターネット等していると1日もたない。バッテリーを気にしながら使うのは嫌じゃ。

原因がベースバンドなのか、アプリなのかを切り分ける気力もなく、
仕方がないので、bootloaderとradioだけ4.4.2のものに戻しました。
スリープ状態で[1%/時間]程度の常用レベルの電力消費になったので、とりあえず様子見です。
なお、「Android L」 はSmarTalkのアプリが動かないらしいので、導入は見送ってます。

29 - 1Screenshot_2014-07-01-08-06-54.jpg
続きを読む
濡縁の制作 ~基礎編~
南側の物干し台に置いておいた2坪ほどの濡縁が6年経って腐ってきたので作り直すことにした。
田園地帯なので湿気も多く、濡縁の高さも地面からほとんどない状態だったので木材が腐ってしまった。

天板は腐るのを前提にしているのだけど、
基礎をまた作り直すのは面倒なので、構造材は鋼管にして高さも450mm程度に。
基礎を鋼管にすると、足の数を極端に減らせるので部品数や工程がかなり減るのがGoodです。
梅雨で猛烈な湿気の中、アークが全く安定しない溶接だったが薄板じゃなく下向きでできる溶接は楽チンですね。
ペンキ塗りが一番時間がかかった・・・。

写真は仮組みの状態。筋違の鋼管を入れれば基礎は完成。水勾配は1%にした。
筋違を入れてないのに既にかなりの強度があります。
あとは根太張って、天板を打つだけ。
家にあった材料を再利用しているので買ったのはピンコロと鋼管ぐらい。費用は4000円もかからず。

景色も良くなく日差しが直接当たる南側なのでこの濡縁でくつろぐことはほとんど考えられず、物干しベランダとしか活躍できない運命の濡縁なのだが、あったらあったでなにかしら便利に使うだろうと思う。

IMG_20140629_180301.jpg
続きを読む
ほたる鑑賞
長生郡のホタル観賞会に行ってきました。
数年前の会場とは違って沢沿いの広いエリアで見やすかったです。

涼しい日のせいかホタルの舞は控え目でしたが、
偶然子供の手の上にホタルが下りてきて、
数回光ってくれたので子供は大喜び。

親としての役割を果たせた瞬間でしたが
手のひらに乗っただけだから、ホタルの生体に影響はないよね。。。
この環境を守り続けている地元の方に心から敬意を表するとともに、深く感謝。
我が家の毎年の行事として、毎年行けたらいいなと思います。

あと、無料で頂いたお米が新米でもないのに凄く美味しかった。
あまりお金落とさないで申し訳ない。来年は購入したいと思います。


プロフィール

凸

Author:凸
テレマーカー&ロングボーダー夫婦。
雑踏を避け、湘南鵠沼から千葉外房へ移り住んできました。
のんびりとした田舎暮らしを楽しんでおります。
プロフィールの写真は富士山スキーの雲海。

本ブログは面識のあるお友達にしか公開しておりません。
閲覧するにはパスワードが必要です。
たまにパスワードをかけ忘れている記事がありますが、ご了承ください。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。